HTTPヘッダ

  • 基本的に RFC2616 14で定義されているが、
    X-が先頭につくヘッダ(X-Mailer)や、
    Refresh, Set-Cookie など定義されていないタグもある。
  • Set-Cookie, Cookie はRFC2109で定義されている。

リクエストヘッダ

Accept

  • クライアントが対応するメディアの形式(MIMEタイプ)を明示する。 スラッシュで区切られたタイプとサブタイプで表現し、コロン「,」で区切られる。
    • */* 全て text/plain テキスト text/plain HTMLテキスト video/mpeg MPEG動画 audio/wav WAV音声 image/gif GIF画像
      Accept: image/gif, image/png, text/plain

Accept-Charset

  • クライアントが対応する文字セットを明示する。
    あまり使われていない。
    Accept-Charset: UTF-8, Shift_JIS

Accept-Encoding

  • クライアントが対応する変換形式を明示する。
    gzipとあるクライアントはgzipで圧縮されたコンテンツを展開して表示できる。
    Accept-Encoding: gzip, compless

Accept-Language

  • クライアントが対応する国語を明示する。
    Accept-Language: ja, en

Accept-Ranges

  • クライアントがリソースへの範囲リクエストの受け入れを明示する。
    よくわからない。
    Accept-Ranges: bytes

Age

  • レスポンスを生成、もしくは再検証した推定秒数。
    よくわからない。

Allow

  • クライアントが対応しているメソッドの一覧を明示する。
  • 405 (Method Not Allowed)エラー時に出力される。
    Allow: GET, HEAD, POST

Authorization

Cache-Control

  • キャッシュの制御を明示する。
  • HTTP/1.0では非対応。この場合は Pragma:no-chache などを使う。

Connection

  • 特定の接続のためのオプションを明示する。
    よくわからない。

Content-Disposition

  • データの配置。フォームで送出時の元ファイルのパスや保存時のファイル名
  • RFC非対応。

Content-Encoding

  • 送出したデータの変換方式

Content-Language

  • 送出するデータの国語を明示する

Content-Length

  • 送出するデータサイズを明示する

Content-Location

  • データが来るURL

Content-MD5

Content-Range

Content-Type

  • データのMIMEタイプや文字コードなど

Content-Transfer-Encoding

  • 8bit,7bitとか変換形式。メールでも利用

Cookie

  • クライアントがサーバに明示するHTTP-Cookie文字列

Date

  • 現在日時

Etag

Expect

Expires

  • ホストが送り出す現データが変更されない期限(キャッシュ)

Forwarded

  • データを中継したホストが追加していく情報。

From

  • メール等の発信元アドレス、Web巡回ロボットが設定していることもある。

Host

  • クライアントが閲覧要求を出したホスト名。
    バーチャルホストの認識にも使われる。HTTP/1.1では必須。

If-Match

If-Modified-Since

  • クライアントが送り出す手持ちのキャッシュの日付。
    ホストが要求された文書のLast-Modifiedと比較、新しければデータを送る。

If-None-Match

If-Range

If-Unmodified-Since

Last-Modified

  • 文書の最終更新日時

Location

  • クライアントに移動先の文書の場所を明示する
  • 絶対URLを指定するように定義されている。

Max-Forwards

Pragma

  • リクエスト・レスポンス中の制御。
  • no-cacheを指定するとキャッシュを無効にする要求

Proxy-Authenticate

Proxy-Authorization

Range

Referer

  • 参照元をホストに知らせる。Aタグによるリンク元のURLなど

Retry-After

Server

  • ホストサーバ名

Set-Cookie

  • サーバがクライアントに記憶させるHTTP-Cookie文字列

TE

Trailer

Transfer-Encoding

Upgrade

User-Agent

  • クライアントの環境

Vary

Via

Warning

WWW-Authenticate

Bcc

  • Ccに他の宛先を隠蔽する機能が追加。

Cc

  • メールのコピーを複数の宛先に発信。

Received

  • 経由したサーバ情報

Refresh

  • 指定時間後に自動的に文書を読み込ませる(urlを指定すると別文書を読む、〜秒後の指定可)

Status

  • 状態コードを指定

To

  • メール等の送信先アドレス

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規新規下位 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-12 (火) 19:42:13 (3475d)